屋上防水工事

 

建物にも個性があります。世の中に全く同じ人間が存在しないように、建物にも全く同じ建物は存在しないのです。同じようなデザイン、同じような構造であっても、全く同じ建物ではありません。同じ建築会社が、同じ時期に、同じ地域に、同じ工法で建てた建物でも、雨漏りする家と、全く雨漏りしない家があったりします。また、建ててから10年ぐらい過ぎると、メンテナンス状況も違うため、建物の劣化状況や傷み具合も千差万別となってしまいます。

にもかかわらず、どの建物に対しても全く同じ内容の工事を提案する業者がいます。
本来であれば、あり得ないことです。腹痛の患者さんにも骨折の患者さんにも、あらゆる病気に効く万能薬などありません。盲腸の患者さんに風邪薬を処方しても何の効果もありません。場合によっては症状を悪化させたり、致命傷になりかねません。

田尻防水では、それぞれの建物ごとに提案の内容が変わります。
それぞれの建物の状態にあったベストの提案を心がけています。
田尻防水は、建物のかかりつけ医を目指しているからです。
まずはじめに、建物の現状をしっかりと確認します。建物の状況を冷静かつ正確に観察し、劣化状況や痛み具合などの症状を把握。そのうえで、最も適切な工事プランを考えます。建物の構造、周囲の環境、現状の傷み具合などなど・・・・・・・・あらゆる方向から考えて最適のご提案を心がけています。また、「まだまだ大丈夫、現時点では工事は必要ない」と判断すれば、その通りのことを正直にアドバイスさせて頂きます。

ぜひ皆様の大切な建物の良きアドバイザーとして、お気軽にご相談ください。
お客様の立場になって考え、それぞれの建物にとって最適なプランをご提案させて頂きます。

塩ビシート防水 緩衝シート貼り 塩ビシート防水 緩衝シート貼り後、エンビシート貼り。

 

ウレタン防水通気緩衝工法施工後 塩ビシート防水 既存防水層立上り撤去。

 

ウレタン防水 仕上げトップコート施工中。 ウレタン防水 プライマー塗布施工中