外壁防水工事

 

外壁防水工事は奥が深いのです。
一般的な外壁塗装工事は、原則として防水塗膜としての機能を有していません。
弾性や微弾性の塗料であれば、多少の防水性を持ってはいますが、それをもって防水塗膜と言うことはできません。しかし、現状、その建物が雨漏りしていないのであれば、それでも充分です。本来であれば、外壁にそれほどの防水性能を求める必要はありません。

問題なのは、外壁から雨漏りをしている建物の場合です。
サイディングやパネル外壁の場合は別として、モルタル外壁、ALC外壁、コンクリート打ち放し外壁の場合は、雨漏りを止めるために外壁に対して防水塗装を施さなければならないケースがあります。

プロフェッショナルとしての腕の見せどころになります。ただの塗装工事であれば、一般の塗装屋さんで充分。当社の出る幕はありません。しかし、外壁から雨漏りしている場合や、外壁を防水塗膜で保護したい場合、建物を長持ちさせたい場合は、ぜひ防水工事のプロフェッショナルである当社にご相談ください。塗装屋さんには真似できない本物の防水塗膜で大切な建物を守ります。

美観が目的、建物の見た目をよくすることが目的の外壁塗装なら、どうぞ一般の塗装屋さんに依頼してください。雨漏りを止めること、あるいは建物を長持ちさせることが目的の外壁塗装なら、ぜひ田尻防水にお申し付けください。あなたの大切な建物を、防水工事一筋46年の技術でしっかりと末長く守らせて頂きます。

高所作業車で外壁タイル防水塗装 戸建住宅外壁防水塗装工事

 

タイル外壁防水塗装 トップコート施工中 基礎クラック低圧注入工事

 

屋上腰壁防水塗装 戸建住宅 外壁防水塗装工事施工後