「エポキシ系樹脂注入」

  • 床モルタルとコンクリートの剥離による隙間(浮き部)の補修。

まず、床モルタルとコンクリートの隙間部(浮き部)箇所の確認。
写真①


写真②

※隙間部箇所の確認の為には、いくつか種類があります。
今回は、打診と言いハンマー等で叩いて音を出し、隙間があるか無いかの確認とマーカーによる墨出しをします。


墨出しが終わったら、次は穴をあけます。
写真③

※室内なので、ホコリが飛ばないように掃除機で吸いながらあけました。

穴の中のホコリも掃除します。
写真④

※穴の中にホコリが残っていると、エポキシ系樹脂注入時に、材料が入らなくなってしまうので、しっかり掃除をします。

次は、エポキシ系樹脂剤の注入です。
写真⑤

※エポキシ系樹脂剤がしっかり入るように、そして注入口から材料が漏れないように、ゆっくりじっくり入れます。

注入した所に、ステンレスピンを挿入し、ステンレスピンが出て来ないように蓋をし、エポキシ系樹脂剤で補強します。
写真⑥


写真⑦

写真⑧

施工完了。
写真⑨